English Science class(イングリッシュ サイエンスクラス)

自然科学教育「キッズラボ」は、「子どもたちの希望、夢を育むこと」が
教育の原点であると考えています。
知る喜び、学ぶ楽しさ、ワクワクする好奇心。
これらは人間の能力を高める最も大きな原動力ではないでしょうか?
様々な自然現象に目をむけ、人が何千年の歳月をかけて紐解いてきた知恵を
子どもたちに体験しながら教えていきます。

自然科学教育「キッズラボ」の特徴

キッズラボでは幅広い分野をまんべんなく取り扱います。

季節感を大切に、年間を通してその変化を体感。

キッズラボでは季節感を大切に、年間を通してその変化を体感できるようにしています。
小学校の教育課程においても、学びはじめの学年では、生物分野に重きを置いた教科書構成になっています。
生物はお子様の興味も一番膨らむ分野です。同時にご自宅では教えにくい分野でもあります。
キッズラボの構成では、植物の季節ごとの変化や、種や苗の植え付けから芽生え、
花を咲かせ種を付けるまでの周期、また、昆虫の一生などじっくり観察出来るように行います。
星や天気についても、月の満ち欠けを光と影で導入し、月の変化をひと月でおっかけたり、
気温の変化を数字と体感温度を体験を通して学べるようにしています。

お子様なりの理解の範囲で分かって作る。

ものの仕組みに興味を持てるような教材を取り入れています。同時に「科学する心」を育めるように、
どのような手順で考えればよいかという科学的な考え方を、教育機関としてお子様が学べるような構成になっています。
例えば電気で工作する場合でも、作り方と作品を仕上げることに重きは置かず、
どうしたら電気が流れるか、どうしたら明るく着くか中身はどうなっているのか、
お子様なりの理解の範囲で分かって作る。「理解した結果が作品となる」という構成です。

教室とご自宅の連携。

授業で何がなされたか、ご父母に分かるように簡単なチェックノートと今回の実験内容をまとめたものをお渡しします。
それによってお子様が教室で学んだことがご父母にもわかり、同時にご家庭で一緒に学べるようにも工夫しています。

クラス風景

Copyright © 2016- Oita International Preschool. All Rights Reserved.